虫歯治療
虫歯治療の方法
できるだけ歯を削らない治療を
私たちのクリニックでは、できるだけ歯を削らずに、虫歯治療を行いたいと考えています。
従来の虫歯治療は、虫歯の部分を大きく削って詰めるという方法でした。医師は肉眼で治療を行っているため、細部まできれいに仕上げることが難しいのです。でも、それでは結局、歯と歯の詰め物の間にすき間ができたり、歯と歯の間にひっかかりができたりして、上手に磨けず、そこがまた虫歯の原因となってしまいます。
虫歯治療は、できるだけ自分の歯を削らないで、小さく詰めるほうが、歯は長持ちするのです。
マイクロスコープを使って
そこで、私たちのクリニックでは、医師がマイクロスコープ(5倍~25倍の拡大鏡)を使って、歯の細部まで十分見える視野を確保していますので、虫歯を削る部分が最小限ですむのです。また、詰め物もマイクロスコープを見ながら行いますので、すき間やひっかかりはほとんどなく仕上げることができます。
また、根の治療についても、根の先端まで見落としなく正確に行えます。
この方法では、多くの場合、神経にさわらずに治療できるので、麻酔をしない治療が可能で痛みもありません。治療箇所は最小限ですみ、治療後患者様がご自分でケア(歯磨き)しやすい状態に仕上げますので、虫歯にもなりにくく歯は長持ちします。
審美的に優れた最新の虫歯治療
虫歯には詰めていることがわからない「レジン充填(じゅうてん)治療」を行います。 レジン充填とは、白い色の詰め物のこと。プラスチックの中に、とても粒子の細かいセラミックの粉を混ぜたものをレジンといいます。従来の虫歯治療などの詰め物は、強度があるため金属を使っていましたが、金属は見栄えがよくないという欠点があります。
レジンの長所は、従来の詰め物にくらべて、強度と接着性が増したことです。そのため、かなり長持ちします(当クリニックでは6年間保障いたします)。さらに、レジンが優れているところは、周囲の歯と同じ色にできること。詰めていることがまったくわからないくらい自然な色が再現できます。
画像で見る「最新の虫歯治療」
治療前治療前
レジン充填による治療後レジン充填による治療後
削るのは最小限に!削るのは最小限に!
小さなバーで小さなバーで
小さく削ります小さく削ります
レジン充填レジン充填
術後術後
レジン充填(じゅうてん)治療
レジン充填は、繊細な作業なので、1本治療を行うのに約1時間かかりますが、1回の診療で終了します。治療費用は高くなく、キレイで長持ちします。
さらに・・
「レジン充填(じゅうてん)治療」ができない場合にポーセレンインレー」「ポーセレンクラウン」を使います
歯を削ったスペースが大きくて、レジン充填治療では、割れてしまう恐れがあって強度が心配な場合、「ポーセレンインレー」を使った治療を行います。ジルコニウムを使った材料で、強度が高く、審美的にも優れています。
また、虫歯がひどく詰め物が無理で、歯にかぶせなければならない場合には、「ポーセレンクラウン」を使ってかぶせます。これも同様にジルコニウムを使った素材で、強度の面でも、審美性の面でも、非常に優れた治療です。
ジルコニアとは?
新素材のジルコニア

ジルコニアは、人工ダイアモンドとして有名ですが、歯科領域では究極の審美的素材として今、大変注目を浴びています。

今までの歯科の中心的な素材は金属、セラミック、レジン樹脂が主流でした。
口の中の環境下では、まず ①腐食しないこと ②強度があること ③見た目がきれいで天然の歯と同じである という3つの要件があります。
金属は、硬く丈夫ですが、見た目が悪く、人により金属アレルギーを引き起こす原因となります。
セラミックは、見た目もよく、硬く、変色もない良質な素材ですが、少し強度が足りません。
レジン樹脂は、見た目がよくても、柔らかく、次第に磨耗してしまうこと、変色していくという欠点がありました。
これらの素材にくらべて、ジルコニアは優れていて、必要な3つの要件をすべて満たしている素材であるといえます。

【ジルコニアの特徴】
1、 金属アレルギーが起こらない
2、 光が透過する審美材料
3、 金属よりも硬い丈夫な素材であること。1300MPa以上
4、 口の中で腐食の起こらない安定した素材
5、 変色のない素材
6、 金属に比較して軽い

コンピュータ制御による完全オーダーメイド

この優れた素材、ジルコニアが歯科で実用化されるようになったのは、「CAD/CAM」を利用した、コンピュータ制御による歯科セラミックの加工システムの実現によります。

この加工システムが実用化されたことから、ジルコニアを使用して、世界にひとつだけの個々の歯の形状にあわせた、オーダーメイド型の治療物を製作することができるようになりました。
金属の欠点を補うと同時に、従来のセラミックよりも、はるかに丈夫で耐久性の高いジルコニアは、セラミック治療の新しいスタンダードとして、今や欧米や日本の先進各国で、広まっています。

「CAD/CAM」を利用した歯科セラミックの加工システムとは、コンピュータ制御によって、製品の設計から均質な製品を生産・管理するもので、「CAD 装置」と「CAM装置」で構成されています。
まず、「CAD 装置」が歯を補うべき部分の形状、支えにする歯、模型などから情報を収集し、三次元の数値データに変換して、コ ンピュータ上で修復物の形状を設計します。
そして、その設計に基づき、「CAM装置」がセラミックスやチタンブロックなどの種々の材料から、治療物を製造します。

※日本でこれらの最新「CAD/CAM」を取り入れているのは、当クリニックだけです。
これらのシステムで、当クリニックの技工物のすべてを製作しているだけでなく、ほかに全国の歯科医院160件以上の技工物を製作しています。