矯正治療
成長期に行う歯科矯正

小学校低学年から、高校生くらいまでの成長期に行う矯正治療では、歯列不正の原因である指しゃぶりなどの悪習癖、口呼吸、虫歯による乳歯の早期脱落などを改善します。

成長期の矯正治療は、歯列だけでなく、骨格に対しても良い成長を促し、筋肉の機能と調和のとれた美しい歯並びになるように、永久歯と乳歯との交換を手助けする役割もあります。

大人の歯科矯正

永久歯になってからの大人の矯正では、全ての歯に装置をつけて、積極的に歯を動かしていきます。
出っ歯や乱杭歯などをきれいに並べて審美的によくすることはもちろん、しっかりと機能する咬み合わせを作ることがもっとも大事だといえます。

歯並びは、大きくわけて、犬歯までの前歯と、それより後ろの奥歯で、果たす役割が異なります。
前歯は、下顎を前後左右に動かすときに、それを誘導する役割と、その際、奥歯同士が水平的な力を受けないようにする役割を果たします。
奥歯は、物を咬んだときの垂直的な力を受け止める役割を果たします。
奥歯は、噛む筋肉の力をまともに受け止めるため、非常に強い力がかかります。もし奥歯に、水平的な力が加わってしまうと、歯が擦り減ったり、壊れたり、動くようになってしまったり、という原因になります。
前歯と奥歯は、お互いに守り合っているのです。

歯並びが悪い方はもちろん、インプラントを含めた補綴治療を考えている方は、矯正で歯並びをよくしてから、治療されたほうが、長く歯をもたせることができる場合があります。