歯周病
歯周病治療の方法
歯周病の予防に全力を尽くします
虫歯とならんで歯をなくす原因に多いのは、歯周病です。歯周病は、歯槽膿漏とも呼ばれ、歯周組織(歯ぐき、歯槽骨、歯根膜部分)が炎症を起こす病気です。
歯周病はやっかいなことに、虫歯と違って自覚症状がほとんどないことです。気づかないうちに広がって、症状が出たころには、病気がかなり進んでしまい、歯を失うことになりかねない病気です。
そこで、私たちのクリニックでは、歯周病を早期に発見し、進行させないような予防的治療に重点をおいています。
専門の歯科衛生師がお手伝いすることで
歯と歯ぐきのあいだにある“歯周ポケット”をていねいに測ります。歯1本につき、その周囲6か所の歯周ポケットの深さを測定しています。出血はないか、炎症はないかを細かく見ていきます。
そして、歯周ポケットにひそんでいるバイオフィルム(歯垢)や歯石をていねいに取り除いていきます。
次に、歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシ、ポリッシングブラシ(回転ブラシ)、ポリッシングラバーカップ(ラバーで磨いて表面をツルツルにする)などを使って、歯をきれいにするプロである歯科衛生士がていねいに磨きます。
さらに、フッ素や細菌の繁殖を防ぐ薬も塗布します。
これらは、患者様の担当となる専門の歯科衛生士がすべて行います。歯周病予防のためのメンテナンスを3~4か月に1回、行うことで、歯周病は完璧に予防できます。
エムドゲインとは?
進行する歯周病
虫歯とならんで歯をなくす原因に多いのは、歯周病です。歯周病は、歯槽膿漏とも呼ばれ、歯周組織(歯ぐき、歯槽骨、歯根膜部分)が炎症を起こす病気です。
歯周病はやっかいなことに、虫歯と違って自覚症状がほとんどないことです。気づかないうちに広がって、症状が出たころには、病気がかなり進んでしまい、歯を失うことになりかねない病気です。
そこで、私たちのクリニックでは、歯周病を早期に発見し、進行させないような予防的治療に重点をおいています。
エムドゲインを利用した歯周外科手術の手順
歯周病の状態の検査
歯周組織の状態を調べるために、歯周ポケットの深さを計ったり、レントゲンを撮ったり、その他、治療に必要な検査を行ないます。
“エムドゲインゲル”を使用した治療が行なえるかどうかは、歯周病の程度や患者様の健康状態によって異なります。
歯周外科手術
手術は麻酔をかけて行ないます。
まず、治療する部分の①歯肉を切開し、②剥離します。次に、③歯根表面の清掃を行い、④エムドゲインゲルを塗布します。最後に、⑤切開した歯肉部分を縫合し、手術は終了です。
手術にかかる時間は約1時間前後で、手術後、しばらく休んでいただいた後は帰宅できます。抜糸は、手術当日から2~6週間後に行ないます。
歯周外科手術
定期的な受診
健康な歯周組織を取り戻すまでには、数か月から1年程度かかります。
歯周組織が再生するまでの期間には個人差があり、歯周病の程度によっても異なります。
術後のスケジュールの詳細も状態によって異なりますので、必ず定期的な検査を受けて下さい。治療が終了した後も、口の中の衛生状態を定期的に検査することをおすすめします。
術前
術前
術後
術後