問い合わせ・ご予約 03-3415-4887

インプラントは成城デンタルクリニック

インプラント手術の実績

インプラントは怖くない

歯科医院でインプラント手術を受ける方は増加しています。
しかし、手術ですので当然怖さを感じる方もおられると思います。
医療技術としてのインプラント手術は向上し続けています。
いかにインプラント手術を安全に行うのかを常に成城デンタルクリニックは考えてきました。
その取り組みについてご理解いただきたいと思います。

成城デンタルクリニックの
インプラント手術の特徴

インプラント手術の特徴
  • チーム治療の実践
  • 麻酔科医、看護師の配備
  • CAD/CAMの導入、院内技工
  • 手術後の長期的なメンテナンス

  インプラント手術は歯科医師一人で行うものではありません。通常の外科手術と同じように、ドクター、ナースなどの協力がなくては安定した手術結果を出すことはできません。
  成城デンタルクリニックでは、黒田院長ほか、スタッフ4人以上で対応。クリーンルーム(無菌室)であるオペ室手術を行います。消耗品はすべて使い捨てを使用。
  手術には、歯科麻酔医、看護師がつきそい、すべての患者様に安全な手術を行えるように万全を期しています。局所麻酔と静脈内鎮静法の麻酔を併用して行いますので、手術は寝ている状態で痛みもありません。
  また、歯に取り付ける技工物は、院内技工士が製作いたします。歯科医師との連携を密に取り、適合性の高い技工物を作ります。院内設備のCAD/CAMを使用し、技工物を製作しております。

  術後のメンテナンスは、プロフェッショナル歯科衛生士が担当し、長期的な保全を実現しています。その内容についてさらに詳しく説明します。

ご相談はお電話で
ご相談はお電話で

成城デンタルクリニックが
実践していること

インプラント手術実績
2,918
(2003年1月から2018年4月 当院調べ)

  院長の黒田義久は、日本にインプラントが普及する前の1989年からインプラント手術に携わっています。 USC(University of Southern California)や、 UCLA(University of California, Los Angeles)で学んだ知識を臨床現場に活かしてまりました。統計が取れる平成5年からのデータでは、2918本のインプラント手術を行っております。また、日本では原宿デンタルオフィスの山崎先生に師事。ドイツ、アメリカの学会や、デンタルショーで情報収集を行い、成城デンタルクリックでのインプラント臨床に技術向上を目指しています。
  CAD/CAM設備も、10年以上前から導入しております。

インプラント手術の
安全性追求

  インプラント手術をいかに安全に行っていくのかは、医療人として当然のことですが、常に安全の確立のために努力する必要があることです。CT設備の導入はもちろんのこと、各専門医を大学から招聘し、技術向上を目指しています。CT設備はインプラント手術では必須だと、院長の黒田は考えています。また、手術では、歯科麻酔医、看護師とともに施術を行うことで、安全性を高めることを目指しています。

現在、インプラント手術の安全性を
高めるために、
  1. CT設備による診断
  2. 手術時の麻酔科医、看護師の配置
  3. 滅菌の徹底
  4. 術前検査時での慎重な診断

CAD/CAM導入

  インプラント手術後の被せ物は、成城デンタルクリニック内の歯科技工所で製作しています。通常の歯科医院では、院外の契約歯科技工所に製作を依頼しますが、成城デンタルクリニックでは、院内歯科技工所で製作しています。医師から細かな指示を直接、国家資格を持つ歯科技工士に伝えることにより、より安全性の高いインプラント治療を目指しています。

予防歯科・メンテナンス徹底

ご相談はお電話で
ご相談はお電話で

成城デンタルクリニック
院長 黒田義久

成城デンタルクリニック院長 成城デンタルクリニック院長
1957年
和歌山県生まれ。
1982年
大阪歯科大学卒業後、原宿デンタルオフィス勤務。
1984年
町田歯科クリニック院長。
1985年
成城デンタルクリニック開院。
1988年
USC(University of Southern California)
ペリオコース
1989年
University of California, Los Angeles
補綴・歯周病コース
専門は歯周病治療とインプラント再生療法。

成城学園にて、成城デンタルクリニックを開業し、33年。インプラント手術を1989年から始め、日本で有数の手術実績を持つ。患者様の長期的な歯の保全を目標とし、コスト削減を率先して行うことで、低価格でのインプラント手術を実現させている。

インプラント手術の流れ

ご相談はお電話で
ご相談はお電話で

インプラント救済プログラム

  日本国内には、インプラント手術を受けた後、調子が悪いという方も多くおられます。
成城デンタルクリニックでは、他の医療機関で過去インプラント手術を受け、トラブルを抱えている患者様の救済プログラムを実施しています。

  検査、診断後、インプラントの状態を説明させていただき、トラブル除去のための治療を行います。診断結果としてインプラントの再手術を行う場合もあります。

  インプラン手術が日本で実施されるようになって、まだ30年。初期の頃のインプラント手術では使っていない素材も開発されており、現在の医療技術を駆使することで、全てのトラブルを除去することができると考えています。

インプラントでお困りの方はまずは、お電話でご相談を!

インプラント手術のあれこれ

一般的なインプラント手術

ジルコニアアバット+ジルコニアクラウン

インプラント体の上にジルコニアアバットメントをねじ止めし、その上にジルコニアの歯をセットする。

特殊なインプラント手術

プロセラインプラントブリッジ

インプラント体の上に、ジルコニアアバットメントに直接セラミックを築盛した歯をセットする治療法。
ジルコニアアバットメントに直接歯科技工士がセラミックを築盛し、インプラント体をセットする。
※プロセラインプラントブリッジは、ノーベルバイオケア製のCAD/CAMのみで制作可能

1本も歯のない方のインプラント症例

インプラントを埋め込んだ当日に仮歯までつけ、日常生活を送れるようにする治療法、「即時加重」インプラントの手術後には日常生活に不便さを感じる患者様も多く、この解決策として当院では、「即時加重」による治療を行っています。
インプラント間移入後、仮歯を入れるまでを約一時間で行う(口腔状態の個人差があります)ので、麻酔から目覚めれば、歯がなかった方も「噛める生活」を送れるようになります。

  • マルチユニットアパッチメント
    インプラント手術を行い、マルチユニットアパッチメントを装着します。
  • 仮歯
    インプラント手術後に、仮歯をセットします。
  • ネジ
    ネジで留めます。
  • 仮歯
    仮歯がセットされました。
  • レジンで捕集
    レジンでネジ部分を捕集して完成です。
  • 即時
    加重

インプラントをあきらめていませんか?   インプラント治療を行うためには、顎の骨が残っている必要があります。
今まで、加齢や歯周病や歯根破折で顎の骨が減ってしまったような患者様の場合、インプラント手術を受けられないケースがありました。

  しかし、医療の技術の進化に伴い、特殊な手術を行うことで、顎の骨を増築し、しっかりとインプラントが入れられる様になりました。

  当クリニックでは4つのテクニックを使うことによって、骨のないところにインプラントを埋入していきます。

抜歯即時インプラント

  抜歯即時インプラントは歯を抜いたその日にインプラントを埋入する術法です。
抜歯即時インプラントとは、1日で手術が完了する治療法のことです。

  従来のインプラント治療は、歯を抜いてから埋入するのに3ヶ月かかりました。
しかし、抜歯即時インプラントの場合は歯を抜いたその場で埋入するため、1回で手術が済み、治療期間が大幅に短縮されます。

  また抜歯即時インプラントは腫れや痛みがほとんどありません。

  • 骨がある場合は、
    人工骨を入れる手術を行い、インプラントを埋入。
    人工骨
  • 頬側の骨がない場合は、
    人工骨と吸収性のメンブレインを入れます。
    人工骨と吸収性のメンブレイン

自家骨移植

  家骨移植は、下顎の親知らずがある部分から、自分の骨をブロックとして切り取り、ブロックのままか、顆粒状に砕いたあと、骨が足りない部分へ移植する方法です。

  実際の骨移植の場合は、下顎骨のオトガイ部、下顎枝から採取する場合が多いです。
インプラント治療の場合ですが、顎骨の水平的な幅、もしくは垂直的な高さが不足している場合、ブロック移植を行います。

  切り出した自家骨のブロックはトリミングをしてから、骨のない部分(母床)にスクリューで固定します。
その後、約6ヶ月、正着まで待機します。 骨片を止めるスクリュー 骨片を止めるスクリュー

※歯根破折や歯周病で歯をなくした時に、骨の高さ幅も大きくなくなってしまってインプラントが不可能な場合、下顎枝から骨のブロックを骨欠損部に移植し、スクリューで固定。6ヶ月後、ブロック骨がしっかりとくっついた後、インプラントを埋入。

サイナスリフト

  上顎臼歯部で骨が少ない場合、サイナスリフトにて人工骨を使用して骨を造成して、インプラントの埋入と同時に行います。

  骨の幅が少なくて、インプラントを支える骨幅がない場合、インプラントの埋入と同時に自家骨を下顎枝から移植します。 サイナスリフト

料金表

治療計画・総合資料の策定

総合資料 22,800円
総合検診資料作成
CT撮影(シュミレーション料含む)
カウンセリング(1時間)
ステント 片顎 16,200円
ノーベルガイド 108,000円

埋入手術

手術費用 140,400円〜
ノーベルバイオケア 162,000円
GC 140,400円
手術時の麻酔費用 27,000円〜
静脈鎮静法 27,000円
麻酔専門医 64,800円~(1手術につき)
骨移植手術費用(必要に応じて実施します)
自家骨ブロック移植 162,000円(1手術につき)
人工骨+メンブレン移植 162,000円(1手術につき)
サイナスリフト(上顎臼歯部)手術 162,000円(1手術につき)
Dr.堀内出張手術代
自家骨ブロック移植 270,000円
サイナスリフト 270,000円

仮歯の装着

仮歯装着 合計 27,000円〜
仮歯 27,000~32,400円

本番の歯の装着

上部構造
ノーベルバイオケア 54,000円
Sエクセレント(6年保証) A. 156,600円
Sエクセレント(5年保証) B. 140,400円
エクセレント(4年保証) C. 129,600円
グレイト(3年保証) D. 108,000円
エクセレント(2年保証) E. 86,400円
グッド(1年保証) F. 64,800円
当院では、患者様のご要望や症例に応じて以下のコースをご用意しています。
エクセレント(6年保証) A. 156,600円
Sエクセレント(5年保証) B. 140,400円
エクセレント(4年保証) C. 129,600円
グレイト(3年保証) D. 108,000円
グッド(1年保証) E. 64,800円
Sエクセレント(3年保証) F. 108,000円
エクセレント(2年保証) G. 86,400円
グレイト(1年保証) H. 64,800円
グッド I. 32,400円

インプラント手術合計  
226,800〜356,400円(1本)