メンテナンス
メンテナンスの重要性

虫歯や歯周病にかからないようにするには、“メンテナンス”が大切です。
「メンテナンスとはなんですか?」「定期検診とどこが違うのですか?」と聞かれることがよくあります。

従来、日本で行われていた“定期検診”は、悪いところを見つけて治そうという旧来型の治療法です。メンテナンスは、 定期検診とは違い、お口の中の健康を回復したあと、再び虫歯や歯周病にかからないようにするために行う“予防的な治療” のことなのです。同時に、歯のクリーニングも行っていきますので、気持ちのいい、きれいな歯で毎日過ごすことができます。

メンテナンスには、ふたとおりの処置が必要です。
ひとつは“セルフケア”。これは患者様自身が正しい方法で歯磨きをして、毎日ケアをすることです。

もうひとつは、“プロフェッショナルケア”。これは、私たち歯科医師、歯科衛生士が行うケアです。患者様ひとりひとりのお口の中の状態に合わせて、治療内容や治療間隔、期間を設定(作成)します。3~4か月ごとに、歯周ポケット内外のプラーク(歯垢)や歯石を取り除き、フッ素などを塗布して歯を強化して、細菌の数を減らす処置をします。

虫歯と歯周病の予防効果

これまで日本の歯科治療では、痛みなどの症状を取り除くことが主体でした。ところが、早くから、 このメンテナンスに取り組んだスウェーデンでは、1995年の調査で、18歳で平均虫歯ゼロを達成したのです。
ほかにも、“メンテナンス”と通常の年1回の“定期検診”を比較した実験が、スウェーデンで行われています。 この実験結果によると、年1回定期検査を行っていた人は、6年間で平均14本の虫歯ができたのに対して、メンテナンス を行っていた人は、15年間でできた虫歯は平均1本でした。
また、定期検診を行っていた人は、6年間で歯周病が平均10%進行したのに対して、メンテナンスを行った人は、 15年間進行が認められなかったという報告もあります。

私たちのクリニックでも、日本のなかでは早くからメンテナンスを行ってきました。現在2500人の患者様がメンテナンス を受けていますが、20年にわたるメンテナンス中、虫歯発生、歯周病の進行はほとんどありませんでした。歯周病の進行に よる歯の損失もほとんどありません。スウエーデンと同様の結果が出ています。

これからの歯科治療は、お口の中を健康な状態に戻したら、その健康を維持するためのケアをきちんと行うことが大切です。 そうすることで、一生自分の歯でかむことができるのです。

私たちクリニックのメンテナンス内容
私たちのクリニックでは、一般的にメンテナンスは3~4か月ごとに行っています。当クリニックで行っている メンテナンスの内容については、以下のとおりです
プラーク(歯垢)・歯石の除去
歯周ポケットの内側と外側から、プラーク(歯垢)や歯石を取り除き、歯根面をなめらかにして歯石をつきずらくします。
ポリッシング
歯の表面を機械でていねいに磨きます(ポリッシング)。患者さまに合ったペーストで磨くことで、食べ物などによる、 くすみや色素沈着を取り除き、歯の表面につやが出ます。
虫歯のチェック
患者様本人ではわからない小さな虫歯をチェックします。
滅菌
フッ素と虫歯を抑制する薬を混ぜたものをブラシで歯に塗布して、虫歯と歯周病の細菌数を少なくして、歯を強化します。
定期検診
1~6か月に1回、定期検診を行います。定期検診では、レントゲン撮影と歯周ポケットの測定をして、虫歯と歯周病をチェックします。
80歳で歯20本を目標に!

1981年、WHO(世界保健機関)とFDI(世界歯科医師会)が歯のない人を減らす目標を掲げ、それを受けて日本でも、 1989年に当時の厚生省と日本歯科医師会が“8020運動”を提唱しました。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、健康な人は28本の歯がありますが、“8020運動”とは、「80歳で自分の歯を 20本残そう」という運動です。

ところが、1999年の日本の調査では、日本人60~64歳で残っている歯はすでにひとり平均20本なのです。そして、80歳に なると、20本の歯をもつ日本人は、6人にひとりで、80~84歳で残っている歯の平均はたったの7.4本という報告でした!
「80歳で20本」は遠い道のりです。でも、メンテナンスを行っていけば、これは不可能ではないのです。一生自分の歯でかむ 生活ができるのです。