神経のない歯や根の治療
根管治療とは?
神経にまで虫歯が進行してしまうと、単に歯をけずるだけの治療ではすみまず、抜歯か、根管治療を行うことになります。
もちろん、痛みの原因となる歯を抜いてしまえば、すぐに痛みは治まります。しかし、歯を抜くことは、痛みを取り去るための一時しのぎの治療といえます。歯は、1本でもなくなると残存歯の歯列に影響を与えるため、安易に抜歯はおすすめできません。また、抜いたままにしておくわけにもいかないので、費用と時間をかけて補綴治療をする必要が出てきます。
一方、“根管治療”は、治療に時間はかかりますが、大切な歯の寿命を延ばすことができます。できることなら、だれもが歯を失いたくはないでしょう。根管治療は、複雑で難しい治療ですが、歯を守るために必要な治療です。
マイクロスコープを使っての治療
進行する歯周病
マイクロスコープや拡大鏡の使用により、肉眼で見えにくいものをはっきりと確認できるため、根管治療の精度が上がります。
しかし、アメリカの歯科医院においては、マイクロスコープの普及率が90%以上なのに対し、日本ではその普及率は非常に低いのが現状です。
当クリニックでは、マイクロスコープや拡大鏡を導入していますので、安心して精度の高い治療を受けいただくことができます。